home病院案内診療案内スタッフ紹介おしらせアクセス各種資料ペットフード宅配クリニック通信


 特別外来 犬アトピー・アレルギー診断外来(総合診療でも受付中)

 犬アトピー・アレルギー診断外来は、原因不明のかゆみや下痢を起こしているワンちゃん、
または健康だけど、愛犬にアレルギーを起こさせないためにどんなものを与えればよいのかを
知りたいという飼い主様にお薦めです。

mark_br犬のアレルギーにはどんなものがあるの?

 犬のアレルギーには主に犬アトピー性皮膚炎(鼻炎)や、食物アレルギー(皮膚疾患、消化器疾患)、
接触性アレルギー、ワクチンアレルギーなどがあります。

mark_br犬のアレルギー検査にはどんなものがあるの?

 犬アトピー性皮膚炎(鼻炎)の検査は、血液検査で主にアトピー(I型アレルギー)を診断する
アレルゲン特異的IgE検査や、アレルギー物質を皮膚に注射してその反応で診断する皮内反応検査、
さらに皮膚の一部を手術で切り取り、病理組織学的検査をする皮膚生検などがあります。

 また、犬の食物アレルギー検査は、アレルゲン特異的IgE検査(急性のみ)、皮膚生検、皮内反応検査、
食物除去試験・負荷(暴露)試験などがありますが、アトピー性皮膚炎に用いるアレルゲン特異的IgE検査は
急性の食物アレルギー以外は診断に有用ではありません。皮膚生検や皮内反応も診断能力が低いといわれています。

 そこで昔から主に用いられている検査は、食物除去試験・負荷(暴露)試験です。
しかし、この検査は汎用しやすい反面、時間(12週以上)がかかること、時間をかけても診断まで到達しない場合が
あること、事前に食物アレルギーを疑った検査であること(食物アレルギー以外では診断がつかないので、
もし腫瘍などの重篤な病気の場合、時間を経過させてしまう)、失敗したとしても用いた食物アレルギー用の
除去食が合わなかったのか、除去食試験中の管理が悪かったのかが、不明であることなどの問題が多くありました。

 そこで近年、血液検査で簡単に検査できるリンパ球反応検査(動物アレルギー検査株式会社)が登場しました。
これにより今まで診断できなかったほとんどの慢性の食物アレルギー(IV型アレルギー)の診断が可能となったのです。
この診断技術はヒトにはなく、犬だけであり、ヒトより技術が進んでいることは我々獣医業界の誇りとなっています。

 その他のアレルギー検査として、アレルギー強度検査(動物アレルギー検査株式会社)というものがあります。
これはとりあえず今の症状にアレルギーが関与しているものなのか、またはアレルギーの治療中ステロイド等の
免疫抑制剤の効果が十分か、などを診断できます。
とりあえず原因物質は何であれアレルギーかどうかだけ知りたいという患者様には有用です。

mark_br愛犬がワクチンアレルギーになりやすいか?またはその原因ってわかるの?

 アレルギー検査のひとつであるアレルゲン特異的IgE検査で、牛肉や乳製品の抗体価が高いワンちゃん
(牛のアレルギー体質)が最もワクチンアレルギーを起こしやすいといわれています。
その理由として、ワクチン内に入っている抗体を作成するのに使う培養細胞が牛由来だからです。
そこでワクチンを接種する前にワクチンアレルギーになりやすいのかを知りたい、
または過去にワクチンアレルギーを経験しているので次が怖いというワンちゃんにはアレルゲン特異的IgE検査を
お薦めします。原因が分かれば対処法がありますのでご相談ください。
*なお、ワクチンの種類により鳥アレルギーのあるワンちゃんでもワクチンアレルギーになることがあります。

mark_br結局どんな時に検査したほうがいいの?

 アトピー・アレルギー以外の皮膚病を除外し、アトピー・アレルギーの原因を見つける外来ですが
以下の様な方にもお薦めです。

①皮膚病の原因がアトピー・アレルギーの疑いがあるが原因がわからない。
②アトピー・アレルギーの治療をしているが、なかなか治らない。
③原因不明の下痢があり、何を食べたらよいかわからない。
④病院で指導された食事や低アレルギー食を与えているけどかゆみや下痢が治らない。
⑤季節によりくしゃみなどが出ているので、花粉症がないか調べたい。
⑥引っ越してきてからぜーぜーしたり、くしゃみをしたり、皮膚がかゆくなってきた。
⑦ワクチンアレルギーを経験したが原因をつかみたい。
⑧小さい時からときどき原因不明のゆるい便をしたり、便の量も多い。
⑨愛犬にベストなドッグフード、おやつを与えたいので、アレルギーがあるか調べておきたい。
⑩以前から外耳炎がなかなか治らない。

 

 当院獣医師の村上彬祥副院長、石田智子先生が
【獣医アトピー・アレルギー・免疫学会の技能講習履修獣医師試験】に合格しました。
犬猫のアレルギー認定医ですので
アレルギーについてぜひご相談ください。

 

inserted by FC2 system